“世界一おいしい、料理が食べたい”

 昔、ある王様がこう言って、国中の料理人を召集した。

 王宮で常に、食の贅を極めているので、どの料理も、おいしいとは思えない。

「へたなやつばかりだ。もっと上手な料理人を探しだせ」

 側近が困惑していると、

「私が世界一の料理人でございます」
と、申しでた者がいた。

「余の満足する料理が作れるか」

「おそれながら、それには、私の言うことをお守りいただかねばなりませぬ」

「おもしろいことを言うやつじゃ。守ってやるから作ってみよ」

 王様も、意地になって承諾する。

 それから3日間、昼夜、王様のそばを離れず、ジッとしているだけだった。

「いつ、料理を作るのじゃ」

「はい。そのうちに、必ずお作りいたします」

 3日目にもなると、空腹でヘトヘトの王様に、粗末な野菜料理が運ばれた。

「さあ。お約束どおり、世界一おいしいご馳走ができあがりました。十分にお召し上がりくださいませ」

 むさぼるように、それをたいらげてから、王様は言った。

「こんなおいしいものを食べたことがない。なにを、どんなに料理したのか」

 料理人はそのとき、こう答えたという。

「料理の上手は飢えにあります。空腹で召し上がるものが、一番の、ご馳走でございます」

“おいしい”と感ずるのは、飢えという苦しみの軽減されてゆく過程である。

 飢えの苦のないところに、おいしいという楽しみは、ありえないのだ。

 人生もまた同じ。苦しみから逃げまわって生きようとする者は、絶対に楽しみを味わうことができない。

 意気地なしや卑怯者と、真の幸福は、無縁のものなのだ。

 楽の元は苦、といわれるではないか。



(光に向かって 100の花束 より)

 


戻る