冒険の世界だけが特別な世界ではない。人は誰もが冒険し、見えない山を登っている。見えない山を登っている全ての人達と冒険を共有し、夢を否定しないで自分の中にあるエベレストに一歩踏み出す人を増やすこと。
それが、僕の冒険であり、自分の山です。

栗城史多、登山家

現場にいないのにデマを流す人なにが楽しいの? 

栗城史多、登山家、Twitter 2015年9月5日)

イライラしたってしょうがない。敵も味方もいないよ。正義という言葉で人を傷つけてるだけかもしれないよ。

(同 2015年8月7日)


戻る