私が心掛けているのは、「ポジティブなイメージトレーニング」をすることです。本番までネガティブなことはいっさい考えずに、ステージに立ってうまくいっている自分の姿を想像して、気持ちを高めています。ネガティブな感情は表情にも出てしまいがちだから、特に多くの人たちの視線を集めるステージの仕事においては、ネガティブなことをすべてシャットアウトするのが一番。

 具体的には、緊張を自信に変えるつもりで、ただひたすら成功する自分の姿を思い浮かべて精神統一します。そうすると積み重ねてきた練習以上の力の発揮につながりします。

(中略)

そう、大切なのは楽しむこと。苦手だなと思うことだって、それはすべて自分のココロ次第だと思うので、いつでもすべてを楽しむことが、いい結果につながると信じています。特に私の仕事は音楽やダンスを通して、ファンをはじめとする皆さんを楽しませることです。自分自身が楽しまなきゃ、相手を楽しませることなんて絶対にできないと思っています。笑顔で楽しむ姿こそ、周囲の人々をひきつける一番の力になる。そう信じています。これは仕事のときだけでなく、毎日の生活においても同じだと思います。皆さんもつまらなそうな表情で、ネガティブなことばかり言う人と一緒にいたいとは思いませんよね。


リナ、歌手、MAXのメンバー、ITmedia ビジネスオンライン 「私なりのプロフェッショナル論」2016年02月10日




戻る