人の一生は長い旅行だ。書物や人間や国々を通ってゆく長い旅だ

長い間、海岸を見失うだけの覚悟がなければ、新大陸を発見することはできない


偽りの自分を愛されるより、ありのままの自分を憎まれる方がましだ

人は誰でも素晴らしい可能性を秘めている。
「自分次第でどうにでもなる」ということを、忘れてはいけない

アンドレ・ジッド、フランスの小説家・1947年ノーベル文学賞受賞)


戻る